2022年01月17日

刺傷事件、とても悲しい

東大前での刺傷事件の報に触れて思いました。ああ、そういう発想になってしまったかと。東大に行けとか医学部に行けとか、それが絶対善のように加害者が大人から言われたことも事件の一因なのは明白です。東大合格者数高校ランキングとか世に出ますし、まるでスポーツを観戦するかのように面白がる大人も多いでしょう。学校説明会で臆面もなく東大合格者数を喧伝する中学高校もあります。異常だと思います。塾なら理解できます。それが役目です。しかし中学や高校という学校は純然たる教育機関であり、東大合格者数で塾生を集めて増収を図る営利目的で存在しているわけではありません。塾だって教育の一端を担ってはいますが、学校とは目的が異なります。社会人として生きていけるよう教育するのが学校です。当たり前ですが、東大進学は手段でありゴールではありません。ゴールは社会人となり一人の人間として生きていくことです。

刺傷することは許されることではありません。まず被害者の方々の救済が先決なことは言うまでもない。そして一方、加害者はこの行為に真摯に向き合わねばなりません。加害者周囲の大人も同じです。加害者は来年東大を受けると発言していたそうですね。刺傷行為に対しては罪を償わねばなりませんが、同時にとても悲しく、加害者がとても可哀相に思えてなりませんでした。昨今の首都圏における教育熱の過剰ぶりには驚きを隠せませんが、教育を履き違えている大人どもは多そうです。

posted by 伊東昌彦 at 16:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 仏教 住職恣意 -jyushokushii

2022年01月11日

人と人とのつながり

私が小学生のころ、今から40年ほど前の記憶をたどりますと、今よりも近所付き合いというものはあったように感じます。密閉性の低い住宅であったかもしれませんが、近隣の生活音はごく当たり前のように耳に入ってきました。繁華街からは距離のあるせまい住宅地育ちです。夏になれば扇風機しかないので窓は全開放。夫婦喧嘩や酔っ払いの声も記憶にあります。近隣の夕食の支度も分かります。物理的のみならず精神的にも近隣と距離が近かったからでしょうか、お裾分けをいただいた記憶もあります。留守にするときはお隣さんに声かけして留守を告げました。う〜む、今ではちょっと考えにくいかなあ。むしろ言わないですよね。見方によっては留守を公言しているようなものですから、防犯上問題だと考えてしまいます。しかし、その当時はそれが防犯であり、必要なことだったのだと思われます。目に見えるつながりによって助け合っていました。

人と人とのつながりというものは、現代人にはかなり薄れたと言われています。インターネットでつながることはあっても、現実世界で実際に上記のようなつながりは稀かもしれません。助け合いの精神はどんな時代であっても必要だと思います。しかし、助け合いの精神というものは、必要であるから自然発生的に人と人との間に湧き起こってくるものです。現代人に助け合いの精神がないかと言えば、それはまったく違います。そもそも社会というシステム自体が助け合いの構造になっていますし、単独で生きている人はいません。防犯のために声掛けをしていたものが、今は住宅の防犯設備の性能が向上したり、警備会社も一般家庭へ普及したことにより、助け合いの方法が変化しただけです。それは商売だからと言うかもしれませんが、商売だって助け合いの精神から出てきたものでしょう。売り手だけ満足していては商売になりません。買い手だって世間だって満足するから商売なのです。経済の語源は経世済民です。

食生活の変化もあってか、お裾分け文化は風前の灯火と言えそうですが、それはつまり生活のなかで不要になってきたからに他なりません。助け合いの精神が消えたわけではなく、かつてに比べて人の心が荒んできたわけでもなく、そもそも生活スタイルが変わったのです。たとえば夫婦二人であっても、ともに同じように仕事を持っていることが多くなりました。料理に費やす時間も多くは取れず、一方、食材を少量で買い求めることが出来るようになり、余分に作るということが非効率になった影響は大きいでしょう。それは決して否定されることではなく、むしろ社会の助け合い精神が発揮されていると私は思います。色々と生活スタイルに合うよう便利になりました。かつての真似事をして形式的に助け合ったところで、不要であれば続きません。助け合う精神、人間性というものは、実生活のなか、とりわけ経済や仕事を通じてこそ求められなければならないものです。

posted by 伊東昌彦 at 13:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 仏教 住職恣意 -jyushokushii

2022年01月03日

2022年になりました

皆様、本年も宜しくお願い申し上げます。神奈川県西部は雪とはなりませんでしたが、年末からかなり冷え込んでおります。除夜の鐘も例年より寒さを感じました。

20211231_145436929_iOS.jpg

毎年、とくに個人的な目標は立てませんが、何となく1年たつと変化を感じます。ダラッと過ごしているからかもしれません。敢えて言いますと、老眼がひどくなりまして読書に難儀しています。自分自身で信じがたいことですが、祖父の残した昭和っぽい虫眼鏡が役立つこともあります。

あとは、願いというほどではないのですが、浪人中の娘の進学先が決まればなあとは思います。個人的にはそんなところですが、早く新型コロナウイルスが収束してくれることは常に願っています。 

皆様のご多幸をお念じ申し上げます。 合掌

posted by 伊東昌彦 at 13:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 仏教 住職恣意 -jyushokushii

2021年12月31日

ジョウビタキがかわいい

IMG_1737.jpg

本年はお世話になりました。来年も精進いたしますのでよろしくお願い申し上げます。

さて写真はジョウビタキです。境内にはカラス、鳩、スズメのほか、ヒヨドリやセキレイ、そしてこのジョウビタキを見かけます。問題児のヒヨドリ(夏場に本堂で大暴れする)とはちがい、とても人懐っこく近くでおとなしくしています。かなり接近しても逃げないので、こうしてスマートフォンで撮影できます。かわいいですね。

合掌

posted by 伊東昌彦 at 11:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 仏教 住職恣意 -jyushokushii

2021年12月29日

銀杏もようやく落葉

IMG_1735.jpg

まだ少し残っていますが、ようやく落葉しました。ここ数日の寒波の影響もあったと思います。しかし年々遅くなっているような気もします。やはり温暖化なのでしょう。

posted by 伊東昌彦 at 09:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 仏教 住職恣意 -jyushokushii