2019年05月19日

不断煩悩得涅槃

「煩悩」って聞きますと、かなりのマイナスイメージ。除夜の鐘ついて祓うっていう、アレでしょ。よこしまな心だと思うし、浮気とかそういう浮っついた話の。それから人を妬んだりとか、まあ、ないほうが良さそうな部分。でも、煩悩がないとどうなってしまうんでしょう。仏さまって感じ?

「涅槃」というのはその煩悩が消し飛んだ状況のことで、大乗仏教でもひとまず到達すべきと言われます。しかしこの煩悩ってのは、本当に厄介な存在。もの凄い修行積まないと消えない。煩悩の元と言うか、煩悩を発生させる原因は業なんだけど、この業は前世やもっと前からのお土産みたいなもので、たくさん自分は持ってる。でも意識的に捨てることはとても難しい。腐れ縁なんです。

仏教は煩悩との対峙でもあるんだけど、これがまた自分自身の所有だから厄介なんです。悪魔とかそういうのが他にいるんじゃない。他でもない自分そのもの。だから捨て難い。いえ、捨てたくないと言ったほうが正解かもしれません。楽しいことって、意外と煩悩まみれなこと多いでしょ。私だったら、たとえば好みの女性とデートしたいとか。これ結婚していようがいまいが、まったく関係ない。愛欲は煩悩なんですな。

これ悩んだ坊さん多いらしいです。だからお釈迦様は男子寮と女子寮に分けたんだと思う。近くにいると互いにムラムラするから。ムラムラしない人もいるだろうけど、私だったらムラムラしますね。もう絶望的。涅槃なんて無理。もう辞めようかなって。お釈迦様に辞表とか。

芸術だって煩悩を表現したんじゃないかってもの多い。スポーツだって他者との競い合い。食事もそう。おいしいもの食べたい〜。今日は焼肉にしよう!とか。すごい煩悩。私、最近思ったんですが、中3ぐらいからバンドやってて、たしかにロック大好きだった。でも、同時に女性にもてたいという思いも、まさに一心だった。あんまラブソング好きじゃないけど、でもそういうのあったなあって。

人間ってのは営みそのものが煩悩だと言えるので、それなくなったらつまらないのは確かでしょう。少なくとも人間的な面白味はなくなる。生きていること、それ自体も大きく煩悩を含む事柄だから、そりゃ煩悩を断てって言われてもホイホイできないわけですよ。仏教が2500年近く続くわけだあ。実はあんまり解決していないという、なんともシュールなこの現実。

だからと言って煩悩のまま生きたら、絶対に滅茶苦茶になります。

仏さまは煩悩を断じておられる。だからこそ、自分へのこだわりなく、すべて平等にどのような存在にも慈悲を注がれる。私たちも本来、そうあるべきです。しかし、現実には難しい。そんな自分を知ること、自分の本心、つまり煩悩におおわれた部分に向き合うことこそ、まずは必要かと思います。私は戒律を受けない浄土真宗の坊さんですが、戒律の戒はとても好きです。律は出家修行者用の罰則規定ありのルールなんですが、戒は仏教徒であれば誰しも持つものです。これには罰則規定はない。戒めなんです。自分自身への戒め。

戒めを持つ生き方ってのが、本当の意味での宗教的生き方かなと思います。

posted by 伊東昌彦 at 08:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 仏教 良質な煩悩ライフ-life

2019年05月01日

令和を迎えまして

令和元年になりましたね。今朝お経をあげまして、静かな1日の始まりでした。目の前の松田山や大磯丘陵を眺めましても、あたりまえですが何事もなかったかのよう。自然にとっては太陽が昇り沈む1日、そして季節がめぐる1年は大事であっても、元号はどうでもいい話ですよね。しかし、元号に慣れ親しんでいる日本人からしますと、なんとなく新たな気分になるような気もするかもしれません。元号の歴史については詳しく知りませんが、そもそもは暦を支配するということからはじまり、吉祥を願っての使用であったと思われます。そういう意味においては、現代では前者は機能停止していると言え、後者のみが情緒的に機能していると言えるでしょうか。

私はあまり合理的な思考の人ではないのか、情緒的ではあっても元号にはそれなりに居心地の良いものを感じます。実際のところ、西暦との併用が一般的ではありますので、元号はなくても問題ないという意見もあるかもしれません。ただ、西暦はあくまでもキリスト教の信仰を基準とした暦ですし、普遍的とは言えないものです。だからと言って、いつから人が人としてのスタートを切ったのかは分からないわけですし、人文的に決めざるを得ないのもたしかです。天皇が象徴であるのであれば、それに直接連関する元号も象徴ということになるわけですが、未来を思い描きこうありたいという国民の願いの象徴とするならば、それを漢字二文字で表現するのはなかなか文学的に趣きが深いと感じます。

posted by 伊東昌彦 at 08:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 仏教 住職恣意 -jyushokushii

2019年04月30日

鼻毛は伸びる、耳毛も伸びる

門徒さんとお話をしておりまして、東京に出るとどうも鼻毛が伸びるとのことでした。理由を聞きましたら、田舎住まいでたまに都会にいくと排気ガスに反応するからと。半分冗談のお話でしたが、なるほどたしかにそれはあるかも。都会住まいの方々の鼻毛が伸びているということではなく、違う環境に行くと身体的防御作用が働くということでしょう。あり得る話かもしれませんね。

私も鼻毛はよく伸びるほうなのですが、最近は耳毛。耳たぶではなく、入口あたりから数本ひょいひょいと伸びてくるんですよ。ご高齢の方でもいらっしゃいますよね、かなりロングな方。若い頃は生えないものなのでしょうか。良く分かりませんが、いずれにしても最近耳毛なのです。耳毛は何で伸びるのかなあ。上記鼻毛の理論から言いますと、排気ガスのような有害物質が耳に入ってこないため?!

耳は鼻と違って空気を吸い込む機能はありませんので、入ってくるものと言えば音です。有害な音を耳毛がかき消すということなのか。ボウボウになると遮音性高まるのでしょうか。しかし、どのように有害無害を判定するのか、とても不思議です。毛にそんな人文的なことが出来るとは思えないのですが・・・。むしろ逆に遮音性が高まると危険ですよね。

耳毛が生える理由はおそらく別のところなのでしょう。年を重ねたら周囲の音や声が聞こえなくなるようでは困ります。耳自体の機能も低下するでしょうし、むしろ聞こえたほうがいい。また、年を重ねて経験を積みますと、どうも自己中心的になりがちなのも私たちです。自分のやり方が固まってくるからでしょう。頑固になってしまう傾向はありますよね。であれば、むしろ耳毛は綺麗にカットしておいたほうが良さそうです。

周囲の声に耳を傾けることは、いつになっても大事なことだと思います。経験を積んではいても、それはあくまもで自分自身という狭い経験でしかなく、あまり頼りになるとは言い難いこともあるでしょう。年を取ればなおさら、家族の声にちゃんと耳を傾けるようでありたいと思うのです。たとえば車の運転もそうですよね。私は車が好きなので、ハンドルを手放すことが出来るか不安です。でも、耳を傾けていきたいと思っています。

posted by 伊東昌彦 at 09:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 仏教 住職恣意 -jyushokushii

2019年04月27日

令和小学校になる

10連休ですね。お寺はあまり関係ありません。今日から気分だけ味わいたいと思います。娘が海外に行こう行こうとうるさいのですが、大人になったら勝手に行けと言っておきました。私だって行きたい。住職交代したら行こう。でもあまり行きたいところはなく、ハワイ別院とブータンぐらい。あと台湾。旅行は好きなんですが、前日になると急にめんどくさくなる性分なので、そんなに欲求はなく平穏です。

自分自身、放浪性はまったくなく、異様に土着性が高いと分析しています。故郷の中野には特別な思いがありますし、今いる大雄山周辺もいいとこだなあと思っています。ただ、中野はやや薄れてきたかなあ。ここ15年で随分と様子も変わったようですし、母校である上高田小学校も隣の新井小学校と統合され、あらたに令和小学校となるようです。ニュースでやっててビックリしました。こんなかたちで母校が出るとはねえ。

中野には母方の伯父が住んでいるのですが、たまには会いにいきたくなりました。
posted by 伊東昌彦 at 09:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 仏教 住職恣意 -jyushokushii

2019年04月07日

怨憎-その捨て方

仏教で説く「四苦八苦」のうち、2つは人間関係の苦しみになります。つまり「愛別離苦」と「怨憎会苦」で、愛しい大事な方との離別、そして怨み憎たらしい人と会わねばならぬことです。とても現実的です。お釈迦様もお悟りの前は悩まれたことがあるのでしょう。仏教ではこうした苦悩の解決策を自己に求め、苦悩を分解して原因を1つ1つ消去していく方法を編み出しました。原因にはすべて何らかの執着心が関与しています。大事だと思う心は清らかではあっても、過度の思い込みは苦悩につながります。憎たらしいと思う心も、都合の悪いものを排除したがる自己への執着心が見えてきます。

お葬式はまさに愛別離苦であり、ご遺族の方の苦悩ははかり知れません。これを即座に執着心として一括りにしてしまうのは暴論ですが、時間をかけて振り返って見ればそう思える時も来るのかもしれません。有限性のなかで生きているのが私たちですので、離別はやはり避けては通れない真理と言えるでしょう。

お葬式は非日常と言えますが、日常的には例えば彼女に振られたとか、そういう場面も愛別離苦であり、場合によっては非常な苦しみを伴います。純愛と狂愛は紙一重と言いますか、それを思わせるような事件が頻繁に起きていることからも苦悩の大きさを窺い知ることができます。また逆のことを言えば、怨憎会苦は日常的に嫌いな人と会わねばならないことの苦悩であり、むしろこちらのほうが日常性が高いと言えそうです。

私も怨憎会苦を持ち合わせています。仏教では怨み憎む心を捨てることこそ、怨憎に打ち勝つ唯一の方法だと説きます。これは一般的に言ってとても難しい。だから瞑想して心を落ち着かせる必要があります。日頃、掃除をしているとき、車を運転しているとき、注意力は必要なのですが思考は空いているような時間が結構ありますので、こういうときは瞑想に準ずることができます。苦悩をとらえ、苦悩の原因を探り、原因は消去可能であることを知り、それを実践することができれば、おそらく苦悩は消えていくわけです。しかし、何より難しいのが最後の実践です。四苦八苦などの知識を得た上で、瞑想によって最初の3段階までは意外と簡単に進めることが可能かと思います。

怨みや憎しみというものは、言い換えれば自己都合に不適合な部分の排除です。排除しなければ都合を押し通すことが出来ないので、自然に排除する方向に向かうのでしょう。もしかしましたら、生命の生存競争ということと関係があるのかもしれません。根が深そうです。

捨てるのが一番なのですが、捨て方ですよね。捨て方が難しいんだと思います。普通の生活をしながら、どうやって捨てれば良いのでしょう。むしろ、持ちながら捨てるということにヒントがあるかもしれません。私も悩んでいます。

posted by 伊東昌彦 at 09:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 仏教 教え〜事事無礙 -jijimuge