2021年02月19日

学校の「変なとこ」

受験シーズン真っ盛りですね。今年は新型コロナウイルスの影響で受験生は苦労したと思います。わが家の娘も大学受験生でしたが、あまり芳しくなかったですね。まあ本人の自覚という問題もありますが、うまく勉強がはかどらなかった側面はちょっとあるかなあ。いずれにしても高校卒業を迎えることとなりまして、お世話になった学校には感謝しています。よい友人や先輩に恵まれたと思います。勉強はいまいちでしたが、剣道部で中高6年頑張りました。剣道部がなければ落第していたかもしれません。親として学校生活に満足しています。

娘はキリスト教主義の学校でした。受験の際には宗教校を優先的に受験校として選びました。お寺の娘ですが、まずは仏教とかキリスト教とかというようよりも、普段の生活のなかで宗教心を育んでもらいたいと願ったからです。住職として、父親としてそれが上手くいったのかは分かりません。教養としてキリスト教を知ることは大いに価値あることですし、それは果たせたでしょう。肝腎の宗教心はどうかと言えば、娘の心を覗けるわけではないので分かりませんが、慈しみの心は育ったかなという印象です。慈しみは宗教心の根幹と言えましょう。

宗教系の学校は不人気だそうです。教義に染まっても困るなあというのは親として理解できます。ただ、伝統的な宗教宗派であれば、いきなり学校現場で布教なんてないでしょう。とてもやんわりとしたもので、宗教的な教養が身につく程度だと思って良いです。そもそも日本の宗教的国柄というものは、1つを選び熱狂的になるものではありません。広く浅く、寛容的なのが日本です。伝統的な宗教宗派の学校は歴史が長いことが多いですし、そのあたりはよく心得ていることでしょう。そうでなければ、入学試験を課してまで生徒を広く集めることなんてできません。

ただ、ちょっと変なとこありますね。もちろん親として受け入れ可能な「変なとこ」なんですが、伝統というよりも、学校としての頑固さを感じることはあります。一方、そこが安定感になっているからでしょうか、親としての安心につながっているとも言えます。学校によって「変なとこ」は違いますが、入学前にはよくよく調査したほうが良いでしょう。今はネットで情報収集可能ですし、ネット上で取捨選択して良い情報を得られれば、その学校のことを事前にある程度知ることが昔より容易です。

たとえば浄土真宗本願寺派の宗門校である武蔵野大学中高では、講堂には思い切りご本尊阿弥陀如来がいらっしゃいます。そして年間行事を同校サイトで見てみますと、「報恩講」とか「彼岸会」とか、お寺に馴染みのある行事がゴロゴロです。築地本願寺に参拝するとか、そういう宗教行事が普通に正課になっています。なんでそんなことに時間を費やすのか、もっと授業時間を増やしてほしいと思うかもしれませんが、授業と同じくらい大事な宗教行事なわけです。娘の通う学校でも、そもそも土曜日は授業がありませんし、宗教関連のお休みも多かったと思います。一般的に見れば「変なとこ」でしょう。

私はこういう「変なとこ」が大好きなので、わざわざ選んで入学させたわけです。私自身は宗教校ではない学校でしたが、哲学者が創立したからなのか、やはり「変なとこ」が多々ありました。自由とはどういうことなのか、生徒自身に考えさせられるような環境でした。言い換えればほぼ放置だったわけですが、同級生を見ると立派に育っている輩も多く、まあまあ良い教育環境であったのかと思えます。わが母校である獨協中学高校は、先生も含めて「変なとこ」だらけでした。仲間も変人が多かったように思います。皆それぞれ変人で頑張っています。さてわが娘はどうなることやら、健やかであることを願います。

posted by 伊東昌彦 at 10:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 仏教 住職恣意 -jyushokushii
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188417186
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック