2021年02月05日

男女交際と生徒の本分

男女交際を理由に退学処分になり、それに関する提訴があったとの報道がありました。故郷に近い学校なので馴染みがあります。高校野球と芸能人の印象が強い学校ですが、男女交際に厳しかったとは知りませんでした。互いに好きになると問題なんですかね。それで学業が疎かになれば問題ですが、退学処分になるほどの理由があるのかなあ。校則違反だから退学というのは正論のようにも聞こえますが、そもそも校則自体に問題があればどうなのでしょう。互いに好きになり、気持ちを確認すればいわゆる「交際」となるのかと思います。別に公に認定機関があるわけではなく、言うなれば気持ちの問題です。すごい曖昧なのですが、どうやって論理的に証明するのか私には分かりません。二人が認めたから退学処分なのでしょうが、どこから「交際」と認定するのかは非常に難しように思います。手をつないだら「交際」?そんなアホな。ちゃんと勉強していれば問題ないと私は思いますねえ。

親鸞聖人が好きな子できて、坊さんなので悩んだそうです。坊さんは本来、結婚しちゃダメなんですよ。仕方ないからお師匠様の法然聖人に相談したそうです。たしかに坊さんで好きな子できるのは一大事ですよね。坊さんやめるしかないかも、ってほど悩んだのでしょう。そしたら法然聖人は、結婚して仏教できないようなら結婚はやめとけと。仏教、つまり法然門下ではお念仏できなくなるようなら、結婚なんてするもんじゃない。お念仏ができるのであれば、別に構わんだろうと。たしかに好きな子できるのも一大事かもしれんが、本当の一大事はお念仏ができなくなるってことだよ、という主旨だと思います。それで親鸞聖人は結婚されました。奥様は恵信尼様です。お二人でお念仏。

高校の校則には、報道によりますと「特定の男女間の交際は、生徒の本分と照らし合わせ、禁止する」とあるそうです。「生徒の本分」、つまり学業であり勉強ですよね。「生徒」とありますので当然です。生徒は勉強するのが責務ですから。こういう校則を作成するのであれば、では何故、「特定の男女間の交際」というものが、「生徒の本分」である学業をなおざりにさせることになるのか、やはりちゃんと論理的な説明文があってほしいものです。生徒の本分と照らし合わせた結果、それが侵食されることになると断定しているわけですから、その理由を明確にしてほしいなあ。男女交際によって、救済不可能なほど成績が下がったというのなら理解できますが、むしろ上がる場合もあるんじゃないの?

posted by 伊東昌彦 at 07:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 仏教 住職恣意 -jyushokushii
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188374278
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック