2021年01月09日

飲み屋さんの危機

緊急事態宣言発出をうけまして、飲食店の営業時間が20時までとなりました。飲み屋さん大好きな私としましては、とても心配です。もちろん新型コロナウイルス感染防止の観点からすれば、営業へ何らかの規制が入ることはやむを得ないことです。しかし20時で切りますと、前回のことで明白なように飲み屋さんは稼ぎ時を失います。時間規制ではなくて人数規制でもいいような気がしますが、素人的な発想でしょうか。店内定員の1/3しか認めないということであれば、結構な飲み屋さんディスタンスになります。また、当然団体はお断りで、5〜6人以上は席を離してもらうようにすれば更に効果的でしょう。ダメかなあ。

しかし確かに酔っ払いは、ウイルスをまき散らす一因にはなります。秋に地元親睦団体の夜間飲食がありましたが、いくら店側が感染対策を万全にしても、酔っ払いはウロウロし出します。私も酔っ払っていたら同じ行動をするでしょう。実はその時、私は車だったのでノンアルコールでしのいでいたです。だからでしょう、酔っ払いの行動パターンがよく理解できました。団体で酔っぱらいますと、もう手がつけられないません。ウイルスがその場にあれば、即座に蔓延しような雰囲気ではあります。飲みに行くならば、移動範囲が明白な方、感染していないことが明白な家族や友人とだけにすべきでしょう。私もついつい飲み過ぎてしまうたちなので、これを機会に改善したいと目論んでいます。

政府云々よりも、やはり個人個人の自覚が大切です。感染防止に努めつつ、経済を失速させないようにしたいものです。感染防止をしての外食も不可能ではないはずですし、自覚をもって行動したいと思います。

posted by 伊東昌彦 at 15:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 仏教 住職恣意 -jyushokushii
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188293429
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック