2020年10月23日

交差点の猫

昨晩、車で帰宅中にある交差点で猫がひっくり返っていました。車と衝突したのでしょう。まだ生きているようでした。時間も遅いし疲れていたので早く帰宅したいなあと思い、可哀相だが申し訳ないと思いつつそのまま通過しました。しかし、どうも気になって仕方ない。わが家の猫のことを思いました。野良でしたが大人しかったので連れてきたのです。交差点の猫も野良でしょう。あのままですと、さらに車に轢かれて命を落とすことはほぼ間違いないと思えました。車をUターンさせ、交差点へ戻りました。轢かれていませんように・・・。

幸い、まだ交差点でぐったりしており、トムとジェリーのトムのようにペチャンコにはなっていませんでした。交差点付近に車を止めまして、ひとまず車載の毛布でくるんで歩道まで移動。ほとんど抵抗しませんが生きています。息が荒くつらそうでした。大量ではありませんが血が流れていました。車も少なかったので作業はすぐ終わりました。さてどうするかと思い、知り合いの獣医さん2名に電話しましたが、いずれも出られませんでした。時間も時間で、もう夜の10時近くだったのです。市役所にも電話しましたが、守衛さんしかおらず、明日朝にならないと対応できないとのことでした。仕方ないです。

お寺に連れ帰ろうかとも思いましたが、苦しそうな声をあげて体を動かしています。お寺まで30分近くかかる場所でした。大けがをしているようなので私には対応できず、忸怩たる思いのなか帰路につきました。簡単に言えば放っておいたわけです。歩道ですので轢かれることはないでしょう。毛布は目立ちますので、どなたか心ある方が通りかかることを願って去りました。野良ですので、野生というか猫の生命力に託すしかないと思ったのです。中途半端になってしまいましたが、私に出来ることはそこまででした。24時間対応の獣医さんもあったようですが、距離もあり難しかったかもしれません。

どうしていいか分からない自分の無知加減を残念に思いながら、仏教で説く「業」について思いを馳せました。

業とはこの世と前世や前々世といった遠い昔から、自分の命が積み重ねてきた行為とその影響を言います。業はこれからの出来事の種になります。いつ発芽するかは分かりませんが、命あるものはすべて業を蓄えていると考えるのです。猫ちゃんの業がまだこの世に命をつなぐようなものあれば、きっと助かるでしょう。しかし、そうでなければ、次の命のステージに向かうはずです。つまり、死ぬわけです。わが家の猫も野良でしたので、うちに連れて来なければどこかで轢かれ死んでいたかもしれません。しかし、わが家に来たということは、そういう業であったのでしょう。これは運命論ではなく、自分自身の行為の結果としてのことなのです。

なかなか可愛い猫ちゃんでしたよ。

posted by 伊東昌彦 at 09:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 仏教 住職恣意 -jyushokushii
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188054067
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック