2020年01月30日

Rockをもて仏教す Part10

Rockをもて仏教す Part10

ロックの歌詞から面白いなあと感じるところを切り取って、そこだけ勝手に仏教解釈をしてみます。今回は高校1年のときに池袋で間違えて買ってしまい、けれども聴いてみたらかっこよくて今でも好きなThe Eaglesから、やはりHotel Californiaです。

Mirrors on the ceiling,
The pink champagne on ice
And she said, “We are all just prisoners here, of our own device”

And in the master’s chambers,
They gathered for the feast
They stab it with their steely knives,
But they just can’t kill the beast

イントロのギターから泣かせます。全体的にメロディーはとても憂鬱な雰囲気の曲です。1969年を境にしてアメリカの精神は失われしまったと嘆くことで有名ですが、それは商業的音楽の蔓延への批判を意味しているとも言われます。ただ、こうした高尚な譬喩と同時に、やはり注目すべきはドラッグ依存症への警鐘だと思います。ホテルカリフォルニアは鏡張りの天井ですとか、ピンクのシャンパンとか、とても魅惑的な場所です。でも、その滞在者は皆、そのホテルの魅惑に囚われている。と同時に、とても居心地のいいものだと感じてもいる。

ドラッグ依存症なのです。ナイフで他の滞在者を刺し殺そうとするけど、彼らを殺すことはできない。彼らは獣のような存在なのですが、おそらく自分自身も同類だから。ロックにはこうした、自己嫌悪からくる怒りを歌詞にすることが多いと思います。この曲は怒りに任せているわけではありませんが、ひどい苛立ちを感じます。自分自身に向き合っているつもりでも、背を向けてしまっている自分に頭くるのでしょう。それはそうです。ドラッグ依存症ではなくとも、誰しも自分自身に向き合うことは難儀なことです。たいてい自分の行動なんてダサいものですから。

理想と現実に悩み始めるとキリがありません。自分のダサさを受け入れなければ、いつまでも獣を排除することはできないでしょう。刺し殺そうとするのではなく、敢えて言えば受け入れることでしょうか、自分も獣であったということを。譬喩とはいえ、獣に失礼なような気もしますが、譬喩にあふれた魅力的な曲です。

posted by 伊東昌彦 at 14:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 仏教 六賢楼 -rock'n'roll
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187100557
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック