2019年10月23日

経済は「経世済民」であってほしい

台風被害のあと、いきなり秋になりまして落ち葉も舞うようになりました。朝方冷えるので今日も落ち葉が増えそうです。県内の台風被害は甚大でした。南足柄市でも河川や土砂の被害があり、水道も一時的にですが止まりました。隣の箱根町では復旧作業にすら入れない状況だとも聞きます。毎年大きくなるような気のする台風ですが、やはり温暖化が影響を及ぼしているのでしょうか。ダムや堤防における想定を上回る降雨量をもたらすとなりますと、人工物での対応にも限界があるのかもしれません。鉄筋コンクリートの建物よりも、維持作業が必要とはいえ木造の建物のほうが長持ちをするようですし、人の手によるものであっても、出来るだけ自然の真似事をしたほうが正しいようにも思えます。

個人的な思いですが、日本は国家として成熟しつつありますし、これからは成長よりも維持することが課題かと思います。商売をしてお金儲けをすることだけを念頭にしていると、結局のところ私たちの生活基盤である衣食住の確保が疎かになることにつながるでしょう。経済活動は必須ではありますが、そもそも「経済」とは「経世済民」のことであるとの説もあります。商売することは大いに結構なことで、寺院であっても商売的側面はあります。なければ維持できません。維持するだけでも必須ではあるのです。しかし、それはやはり経済活動なのですから、「世を経て民を済(すく)う」ものでければなりません。商売をすることが人々の衣食住を支えることになっていかなければ、日本の未来は暗いものになることでしょう。

私は近隣の奉仕団体にも所属しておりますが、そこには小田原地域の社長さん方も所属されています。そこでは職業を通じての奉仕活動を学び実践していくことを目指しており、まさに「経世済民」を本旨としているかのようです。私は住職なので本来的には商売をしているわけではなく、むしろ「経世済民」に共鳴するところはあるのですが、私以上に奉仕に熱心な社長さんもたくさんおられまして、感服するところも多くあります。昭和時代には高度成長とともに成金的な者も多かったようですが、今は金ぴかな社長さんは少ないのかもしれません。創業してうまくいく業種がネット関連のもになったということもあるのかもしれませんし、昭和時代の創業であっても、世代が変わったからということもあるかもしれません。

posted by 伊東昌彦 at 08:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 仏教 住職恣意 -jyushokushii
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186715484
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック