2019年05月19日

不断煩悩得涅槃

「煩悩」って聞きますと、かなりのマイナスイメージ。除夜の鐘ついて祓うっていう、アレでしょ。よこしまな心だと思うし、浮気とかそういう浮っついた話の。それから人を妬んだりとか、まあ、ないほうが良さそうな部分。でも、煩悩がないとどうなってしまうんでしょう。仏さまって感じ?

「涅槃」というのはその煩悩が消し飛んだ状況のことで、大乗仏教でもひとまず到達すべきと言われます。しかしこの煩悩ってのは、本当に厄介な存在。もの凄い修行積まないと消えない。煩悩の元と言うか、煩悩を発生させる原因は業なんだけど、この業は前世やもっと前からのお土産みたいなもので、たくさん自分は持ってる。でも意識的に捨てることはとても難しい。腐れ縁なんです。

仏教は煩悩との対峙でもあるんだけど、これがまた自分自身の所有だから厄介なんです。悪魔とかそういうのが他にいるんじゃない。他でもない自分そのもの。だから捨て難い。いえ、捨てたくないと言ったほうが正解かもしれません。楽しいことって、意外と煩悩まみれなこと多いでしょ。私だったら、たとえば好みの女性とデートしたいとか。これ結婚していようがいまいが、まったく関係ない。愛欲は煩悩なんですな。

これ悩んだ坊さん多いらしいです。だからお釈迦様は男子寮と女子寮に分けたんだと思う。近くにいると互いにムラムラするから。ムラムラしない人もいるだろうけど、私だったらムラムラしますね。もう絶望的。涅槃なんて無理。もう辞めようかなって。お釈迦様に辞表とか。

芸術だって煩悩を表現したんじゃないかってもの多い。スポーツだって他者との競い合い。食事もそう。おいしいもの食べたい〜。今日は焼肉にしよう!とか。すごい煩悩。私、最近思ったんですが、中3ぐらいからバンドやってて、たしかにロック大好きだった。でも、同時に女性にもてたいという思いも、まさに一心だった。あんまラブソング好きじゃないけど、でもそういうのあったなあって。

人間ってのは営みそのものが煩悩だと言えるので、それなくなったらつまらないのは確かでしょう。少なくとも人間的な面白味はなくなる。生きていること、それ自体も大きく煩悩を含む事柄だから、そりゃ煩悩を断てって言われてもホイホイできないわけですよ。仏教が2500年近く続くわけだあ。実はあんまり解決していないという、なんともシュールなこの現実。

だからと言って煩悩のまま生きたら、絶対に滅茶苦茶になります。

仏さまは煩悩を断じておられる。だからこそ、自分へのこだわりなく、すべて平等にどのような存在にも慈悲を注がれる。私たちも本来、そうあるべきです。しかし、現実には難しい。そんな自分を知ること、自分の本心、つまり煩悩におおわれた部分に向き合うことこそ、まずは必要かと思います。私は戒律を受けない浄土真宗の坊さんですが、戒律の戒はとても好きです。律は出家修行者用の罰則規定ありのルールなんですが、戒は仏教徒であれば誰しも持つものです。これには罰則規定はない。戒めなんです。自分自身への戒め。

戒めを持つ生き方ってのが、本当の意味での宗教的生き方かなと思います。

posted by 伊東昌彦 at 08:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 仏教 良質な煩悩ライフ-life
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186018267
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック