2019年02月05日

2月になるとわが母校

どうもこの時期、2月になると自分や子の受験を思い出してしまいます。何だか最近の受験は長丁場らしく大変です。私なんて獨協立教学習院でおしまい。いずれの学校も今より難しかったんですよ。立教や学習院なんて四谷大塚で言えば60前後はあったんじゃないかなあ。青山学院の女子なんて桜蔭やJG並みだったような気が。今、再び付属校人気らしいですが、小学生も大変。

なお獨協も今より10ポイント以上偏差値良かった…、と思う。先日、獨協中高の仲間と飯田橋で飲みまして、どうも獨協中高の経営はいかんねえという話になりました。偏差値ガタ落ちなんです。仲間は皆小規模ながら経営しているので興味があるんだと思います。私も一応、経営者の端くれなのですが、寺は会社に比べればのんびりしたもんです。住職であっても他業種の方と交流するのは価値あることでしょう。

学校もお寺も、時代とともに変化しないと置いてけぼりです。獨協中高はドイツ語を学ぶ学校が前身なので、かつてはドイツ語クラスもありました。でも今ではドイツ語の需要はあまりなく、ドイツ語クラスも消滅です。自由な校風で生徒の自主性が重んじられる学校でもありました。時代が変わりまして、ドイツ語という特徴がなくなった学校はカラーのない学校へ、そして進学実績を上げるため管理教育へ。

わが母校ながら、時代に乗るのが巧いとは言えないかなあ。ドイツ語の需要がなくとも、それが長年の特色であるのだからドイツ語教育を前面に出すべきだと思うし、今風の管理教育なんて伝統私立校には上手くできないでしょう。だって先生の顔見ても懐かしい顔多いんだから、そりゃ無理な話じゃなかろうか。ドイツは今なお学ぶべきところがある国だし、仮に日本でドイツへの興味が薄れていたとしても、それを逆手に取ってさらなる特色にしていけばもっと注目されると思うんだけど、気のせいか。

お寺も同じとこあるかもしれません。何でも今風がうけるわけでもなく、長年大事にしてきたところに、さらに磨きをかけるべきなのかと、わが母校の現状から学びました。有難う獨協中高!復活に期待!!

posted by 伊東昌彦 at 10:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 仏教 住職恣意 -jyushokushii
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185506082
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック