2018年12月02日

電話嫌いになっている私

堀江貴文さんは電話嫌いなようで、何かの記事でそう仰っていました。私の記憶によりますと、たしか一方的に電話かかってきて、いきなり貴重なマイ時間を占拠されるからというような理由だったと思います。う〜む、なるほど、たしかにその通りの側面はあるわけで、実は私も中年になってから電話不得意です。メールに慣れてしまったからでしょうか、電話で要件をいきなり前触れなく言われますと、その瞬間での回答に窮してしまうことがあるのです。折り返し電話すれば良いのでしょうが、だったらメールや何かのほうがいいのになあと思ってしまいます。

中高時代、とにかく電話大好きでした。友人の電話番号、まだ二人分は完璧に憶えています。なんとその番号は東京03のあと、4ケタではなく3ケタになりますので、随分昔のことになるなあと感慨深い思いがします。やたら深夜まで電話。用事なんてないんですよ。今からカップラーメン食べるとか、あ〜つまんね〜、とか互いに言ってるんだからアホかと思いますよね。電話代もかかるので親にはよく叱られました。とにかく今じゃ考えられないほどの電話好きで、まあ、今は娘もラインの無料電話で同じような状態なので、若い頃はこういう状況になる人はある程度いるのかもしれません。

ちなみに坊守(=女房)は電話嫌いで、彼女が20歳だか21歳で私がその3つ上という時分に知り合ったのですが、とても迷惑そうでした。そんな私ですが、今じゃすっかり電話しない派になってしまい、なんでもメールかメッセンジャーかラインかって具合なんですから、年取ると性格変わるんだなあと感心します。言い換えれば、色々と考えないといけない状況や条件が多くなって、若い頃のようにほぼ何も考えず瞬時に回答することが出来なくなったのかもしれません。嫌ですね〜、今日ヒマ?と聞かれ、ヒマに決まってんだろ、と返答していた時代が懐かしく思えます。

ちなみにお寺の場合、ヒマなんだけどヒマじゃないというのが多く、ホントは今も結構ヒマなんですが、出かけるわけにもいかないので、ヒマに決まってんだろ、とは言い難いわけです。

メールなどに慣れてしまうと、たしかにいきなり重要人物から電話かかってくると焦ります。携帯だからこっちは移動中だったり、ほら、用を足している最中とか、色々な状況あるじゃないですか。焦って出ても即回答しないでいいような内容だったりすると、だったらメールしといてよね、と思ってしまうことしばしばです。ただ、メールなどもまだまだ全世代に浸透しているわけではないので、メールアドレス公開していてもメール見ない方もいます。個人的には見ないのであれば教えないでくれと思うのですが、これは仕方のないところでしょう。たまに見るとか、そういう使い方もないわけではないでしょうし。

堀江貴文さんの意見に触れまして、今まであたり前だと思っていたことが、実はよくよく考えてみると変じゃない?ってこと、結構あるもんだなあと思いました。あたり前の毒とも言えるでしょうか、物事、それがあたり前だと思ってしまうと思考停止してしまいます。私は堀江さんと同年代ぐらいだと思うのですが、この年でああいう思考が出来るのって凄いなあと思いました。私なんてもう凝り固まってしまい、新しい思考って出てこないんですよね。前例踏襲になってしまい、頭のなかがまるでお役所。それはそれで問題なく進むには都合いいんでしょうが、まったく斬新ではなくなりますよね。新しいものを受け付けなくなっている私ですが、今こそ、何か新しいものにチャレンジすべきではなかろうかと、思うだけ思っています。

posted by 伊東昌彦 at 08:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 仏教 住職恣意 -jyushokushii
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185111680
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック