2018年11月08日

子を導くことの難しさ

ここ数年のことなのか分かりませんが、最近、主として公立中学校での運動部のあり方に注目が集まっています。簡単に言えばハードすぎるということです。休みは週1回というレベルなようですね。かく言う私は思い切り文化部な人なので、運動部事情は分からないわけです。文化部でも演奏系はハードらしいのですが、私はぜんぜん生物部。夏休みの餌やり当番はハードでしたが、もちろん気楽なものでした。顧問の先生はほぼいない状態でしたので、色々と自分たちでやりたい事考えて、結構楽しかったなあ。とまあ、繰り返しますが気楽なもんでした。

学校でのスポーツは教育の一環だということが、大学スポーツの問題に関係して再確認されたことは記憶に新しいことです。スポーツには勝敗があるものですが、観客に技術や戦略の高さを見せるプロでないのであれば、むしろ勝敗は価値として半副次的なものと言っても良いかもしれません。ましてや中学生において、まだ体格的にも成長過程にあるにも関わらず、勝利至上主義のもと部活動をさせるというのは、自主運営文化部、そして部活ではなかったですがこれまた自主運営バンドで青春していた私からすると、なかなか別世界に思えてくるのです。

おそらく運動部の方からしますと、その部活動から培った精神というものは貴重であり、社会に出てからも大いに役に立つということになるのでしょう。そして実際、社会のリーダーであるような方々にはスポーツマンの方が多く、立派だなあと思うことしばしばです。しかしどうやら、最近はあまりにも勝利にこだわりすぎたせいか、逆に中学生を苦しめているのではなかろうか、という見方が出てきているようなのです。昔の子と今の子を単純に比較することは出来ませんが、それでもなお、過度とも言える部活指導に苦しんでいるとのことなのです。

こうした部活には大人の指導者がいるでしょうし、保護者のサポートもかなりあるんじゃないかなあと思います。しかし、それでも問題視されている。生徒が自主的にほぼ毎日練習したいと言ってくるのか、問答無用で練習をさせているのか、もちろん個々のケースで違うことでしょう。しかし、中学生はまだまだ心身ともに成長段階にあることは間違いなく、直接であろうが間接であろうが、大人の指導があって初めて部活動が出来ているのは確かなことです。実のところ大人からすれば、中学生に「自主的発言」をさせるのは簡単なことだと思います。そう仕向ければ良いだけですから。

これは部活動に限ったことではなく、様々な習い事や受験塾においても似たようなことが言えると思います。たとえば私は子を中学受験させましたが、中学受験は完全に産業化しており、塾業者や一部の学校の扇動によって親は盲目的になりがちです。塾の用意した偏差値という、本来は学校のランク付けではないものが、あたかもランク付けのような存在となり、偏差値至上主義がまかり通っています。偏差値は志望校へ向けての勉強には役立ちますが、そもそも志望校は偏差値だけによって決めるものではないでしょう。とくに私立学校は独自教育をしているわけですから、偏差値だけで志望校を決めるのは奇妙な話です。

少しでも偏差値の高い学校へ子を入学させたい。こう思う親も多いわけですが、それは上記のような部活における勝利至上主義と重なって見えてきます。中学受験において、親は受験の情報源を持っていない場合が多く、ほとんど塾やその関係者からの情報に頼ることとなります。彼らは商売熱心ですから、一所懸命に親を偏差値至上主義へ誘導します。「お子さんなら、もう少し上の学校狙えますよ」、こう言われて気分の悪くなる親はあまりいないでしょう。しかし、そのためにはもっと講座を受講させて、ほぼ毎日、夜遅くまでお弁当持参で塾に子を拘束させねばならない。ライバルたちもやっているからと、親はあまり疑問に思わず費用をバンバン出す。

親がこうであれば、その話を真に受ける子も同じような思考になっていくことでしょう。親に喜んでもらたいのが子の本心です。だから難関校へ自分も行きたいと言う、言っているうちに、そのうちそれが本心のようになってしまう。大人によって、子が扇動されていく構図です。正直言いまして、小学生が難関校に行きたいとか、その学校がどんな学校かも予想できないのに、まだ中学校生活を体験したこともないのに、独自に判断できるわけありません。多くの場合、大人に言わされているんですよ。もちろん、実際に学校を見て本人が気に入った、それがたまたま難関校であった、ということもあるでしょう。しかし、見学に行く学校を選ぶのは親ですし、子が勝手に選ぶなんてことはレアケースです。

親であれば、わが子にはこうあってほしい、こんな大人になってほしいと思い描くことは罪ではありません。むしろ、そのようなイメージを持つことは必要で、だからこそ子を育てる責任があるんだと思います。難関校に入れたいというのも良いでしょう。しかし、それが本当に二人三脚のようになっているのか、親の独善的な発想・妄想、そして暴走になってはいないか、ちゃんと自己診断しないと危険だと思います。部活の試合で勝たせてあげたい、そのように考えるのは親としては自然です。しかし、子の成長速度よりも、勝利することを優先させていないだろうか。中学受験の場合は、それ自体が産業化しているところもさらに問題であり、子が塾経営の道具にされてしまう可能性すら孕んでいます。

私も中学受験を経験しました。結果、一時的に勉強大嫌いになりました。親には感謝していますが、これは事実です。

部活動も受験も必要です。部活動は正課では学べない仲間との連携や責任などを学ぶことが出来ます。受験だって基礎的な学力向上には不可欠だと思います。私は大学受験は推薦に逃げましたので、大学では英語、とくに語彙不足に苦労しました。そして、いずれも子に忍耐力を身につけさせることになりますので、この点においても私は評価しています。私は大学受験の苦労を知りません。そして、あまり忍耐力があるほうではありません。ただ、大人にはちゃんと子の気持ちに寄り添ってもらいたいと思うのです。子が主役であるにも関わらず、脇役である大人が勝手していませんか?子をうまいようにコントロールして私物化していませんか?私はこの点こそ最大の問題だと感じています。

私もまだ子育て中であり、子を導くことの難しさを日々実感している最中です。陥りがちな過ちとして、「オレがなれなかったものになってくれ」です。子が勝手に思うぶんにはいいんですが、押し付けになりがちなんです、私の場合。偉そうなこと書きましたが、自分自身が一番危なっかしい。

posted by 伊東昌彦 at 13:23| Comment(1) | TrackBack(0) | 仏教 住職恣意 -jyushokushii
この記事へのコメント
偏差値て何なんですかね。
数字の魔力で上から並ぶと上程良い学校かと錯覚してくるので不思議です。
そうなると本質を失い受験産業に見事に取り込まれてしまいます。

Posted by さいたまの鳥 at 2018年11月10日 07:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184893341
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック