2018年08月08日

人とマシーン

8月もそろそろ本格的にお盆の季節になってきました。8月はとりわけ日本人にとりまして追悼の意味合いが深い季節とも言えます。6日には役所からの通達で原爆投下時刻に梵鐘を突きました。その数日前でしょうか、投下した飛行機の乗務員の手記が発見され、原爆が炸裂して安堵したというような内容であったかと思います。とても複雑な思いがいたしました。軍人としては重い任務であったかもしれず、命令に従うのは当然と言えるのでしょう。しかし、その命令も含めてその任務によって、一瞬にして老若男女、多くの生命が奪われてしまったことには思いを馳せることがなかったのかもしれません。退役後には悩まれたこともあったことでしょう。こう考えますと、人が人に命令をするという行為自体、人の存在という観点からしますと大きな問題を孕んでいるということに気づかされます。

お釈迦様は天上界からこの世にお生まれになられた際、「天上天下唯我独尊」と説かれたそうです。この世に命を与えられるということは、その命が何よりも尊いことを示しており、それは誰であっても独尊性が認められるものでなければなりません。他者に蹂躙されて良いわけはなく、皆がそのことを認識していなければ、この世は無茶苦茶になるだろうという説示だと思います。

他者を思い通りに動かせることに魅力を感じる人もいるでしょう。歴史を振り返れば、暴君はいくらでも存在していました。権力にしがみつく輩というものは、こうした麻薬のような快楽に溺れているとしか思えません。いつの時代も、そしてこれからも人間の本性が変わることはないでしょう。私にも、おそらく誰にでもこうした欲望はあるかと思います。しかし、蹂躙されて良い命なんてないんだ、という思考を持つことが出来れば、ちょっとはマシになるかもしれません。人は思考を捨ててしまえば、ただのマシーンになってしまいます。

やや飛躍しますが、映画『ターミネーター』シリーズにおいても、人とマシーンの違いという事柄がテーマの1つになっていました。他者に思いを馳せるということ、主体的に思考するという行為が人であり、それは肉体か機械かという構造的な問題ではない。裏を返せば、人であってもマシーンになってしまう可能性が大いにあるということのようでした。

今年はとくに暑いようですので、皆様お気をつけてお過ごし下さいませ。今日もお盆参りに出かけて参ります。

posted by 伊東昌彦 at 08:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 仏教 教え〜事事無礙 -jijimuge
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184123207
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック