2017年10月25日

ああ、プロ野球

仏教とは関係ない話題ですが、最近のプロ野球はどうも面白くないなあ。横浜がCS突破したから思うわけではないのですが、やはり日本シリーズはペナントレース1位同士、もしくはそれに準じた成績を残したチームが出るべきじゃなかろうか。今回は広島と横浜は10ゲーム以上離れているし、こういう現象が起きるたびにプロ野球のつまらなさを感じちゃうなあ。

CSはかつての消化試合のような緊張感に欠ける試合をなくすため、また、集客といった興業の面からも期待されて創設されたと思います。当初は劇的な逆転劇もあり盛り上がりましたが、ペナントレース1位のチームは2位と3位の試合を待っていなければならず、どうしても試合勘が鈍って不利だということが、一般のファンにも分かってきました。ちょっと可哀相なんですよね。

また、セパ交流戦も同じく当初は盛り上がりましたが、これにも弊害があって、たとえばパ・リーグのチームが交流戦で勝ちまくりますと、セ・リーグのチームはどこも負けばかりになり、最終的にペナントレースで異様に勝率の悪い1位チームが出てきてしまいます。なんだか珍現象に思えるような数字になるわけです。交流戦は普段試合をしないチーム同士がぶつかり合いますので、たしかに最初は嬉しかった。でも、それももう飽き飽きというか、日本シリーズだけで十分だよって気分なんですよね。個人的には。

消化試合は消化試合でのんびりしていて楽しい側面もあったし、不採算であれば、採算とれるよう経費削減すればいいじゃないかと思うけどなあ。選手の年俸もあまり高すぎるのも、果たして正しいことなのか。何でもアメリカ的になるのはねえ、日本は自由競争だけで成り立ってきた社会じゃないし、格差広がっても良いことないと思うけど。ただまあ、プロ野球も英才教育の時代のようだし、昔とは親も費用のかけかたが違うのであれば、見返りを期待するのも分からんでもないとすべきなのか。

こうした運営にも問題はあるようだけど、そもそも、スター選手がみんな大リーグに行っちゃうから、ってことも重大だ。となると、プロ野球もレベルや選手環境の向上を図って流出に歯止めをかけることになるとは思うけど、そうなると年俸高騰で球団経営も厳しくなる。だからCSや交流戦やろうと。なるほど、難しそうだ。簡単じゃなさそうだよね。

来年の巨人はどうかなあ。高橋監督とは同世代なので、頑張ってほしい。
posted by 伊東昌彦 at 09:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 仏教 住職恣意 -jyushokushii
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181381821
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック