2017年08月11日

生まれでバラモンになるのではない

陸上のサニブラウン選手、凄かったようですね。まだまだ若いですし、これから大いに期待できそうです。私は東洋大学で仏教を学びましたので、桐生選手を応援していましたが、最近はちょっと調子落としているのかなあ。リレーに期待です。頑張ってほしいと思います。

ところで、当たり前ですがサニブラウン選手は日本人なので、日本代表になっています。彼の名前や風貌からでしょうか、色々と不満を持っている方もいるようですね。誹謗中傷はやめるべきですが、しかし、日本人とは何なのか、という疑問を持つことはとても大事なことです。

よく「日本人の血」がというような言葉を聞くこともあるかと思いますが、遺伝子のなかに「日本人」がインプットされていることは、おそらく、というか確実にないでしょう。なぜならば、「日本人」という概念は後天的な思考上のものであり、文化そのものだからです。

お釈迦様は説かれました、「生まれでバラモンになるのではない、行いによってバラモンになるのだ」と。バラモンとはヒンドゥー教の宗教者のことです。バラモンになるためにはバラモン階級に生まれないとダメだったようですが、お釈迦様はそうした「生まれ」よりも、その後の「行い」を重視されました。

サニブラウン選手はいわゆる「ハーフ」なので、法律的にもまったく「日本人」として問題にならないわけですし、彼は生まれも育ちも日本なので、おそらく普通に「日本人」でしょう。どこに問題があるかと言えば、それは我々第三者が勝手に思い描いている「日本人」というイメージが、意外といい加減なものだってことかと思います。

posted by 伊東昌彦 at 08:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 仏教 教え〜事事無礙 -jijimuge
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180622336
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック