2017年09月14日

神仏のなかで生かされる

あまり政治には詳しくない私ですが、最近よく日本の伝統ということと政治が絡めて用いられることを目にする機会が増えたような気がします。もちろん政治的に保守系の方々が使われることが多いのですが、果たして日本の伝統とは何なのか、私自身、まだまだよく分かっていません。宗教的には神仏習合が1つのヒントになることは確かだと思いますが、それだけで全てが説明できるわけではありません。仏のほうはまだ体系的だと言えますが、神のほうは単純に神道とは言えない側面もあり、極めて複雑なのではないでしょうか。そして、そもそも何をもって日本を捉えるのかも問題です。雰囲気としては感じられても、具体性に欠けるのが日本の伝統であるような気もします。普遍的なものがあることは確かなんですけど、少なくとも私にはそう思えます。そして、日本の伝統ということが、とても大事な概念であるがゆえ、安易に国民を扇動するための道具に使われることに、やや違和感を覚えつつあります。

何を保守すべきなのかもよく分からないのに、ただ昔に立ち返ろうとか、何でも現状維持がいいとか、こういうのは保守でも何でもなく、思考停止なだけなのではないでしょうか。進歩していくことは思考し続けることですが、実は結構な労力がいることです。今のままが何でもいいというのは、日本の伝統はおろか、現状にさえ目が向いていないのでしょう。問題点に目を向けないからこそ、それに蓋をして現状維持とする。自分は保守だと言う方には、意外とこういう輩が多いように感じます。私はどちらかと言えば保守的な立場で物事を考えるたちですが、ちゃんと思考は続けていきたい。そして宗教的に言えば、ちゃんと神仏と自分自身を対比させ、自らの至らぬ点を知るような努力も何とか続けていきたい。日本の伝統ということを考えたとき、神仏に対して謙虚であること、人間中心の思考から抜け出すということ、こうした点は押さえてもらいないなあと、1人の宗教家として思います。人間の力が万能だと思うことは、とても愚かな発想です。

posted by 伊東昌彦 at 09:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 仏教 住職恣意 -jyushokushii

2017年09月11日

おめでとう、桐生選手!

東洋大の桐生祥秀選手、ついに9秒台ですね。何回も動画を見てしまいました。記者会見も良かった。記録はもちろん嬉しいのですが、彼の口から出た周囲への感謝の気持ちに触れまして、同じ東洋大で学んだものとして、とても誇らしく思いました。大学のユニフォームを着るのが最後であったとのことで、これも彼の人情をよく表しているような気がします。土江コーチとも色々とあったようですが、記録で恩返しという言葉にすべての思いが込められていたように思います。超一流選手というものは、自然に人格も超一流に形成されていく場合が多いのでしょう。おめでとう!桐生選手!!

ライバルの山縣選手からの祝福についても、桐生選手はとても感動したと。悔しいなかにあっても、ああして祝辞を送れる先輩の心に感動したのでしょう。自分では出来るかどうか分からないと言っていましたが、きっと桐生選手も山縣選手と同じようにライバルを祝福できるはずです。

仏教では自分も含めてこの世界をすべて「縁起」で捉えます。縁起というのは、他があって自分があり、自分があって他がある、ということです。他との交流なく勝手に存在しているものはなく、だからこそ、自分という存在も他を含んだ存在で、自分固有のものではないと考えます。桐生選手にしてみれば、家族やコーチ、そしてライバルや仲間がいて、そして、はじめて自分があるということになるのでしょう。
posted by 伊東昌彦 at 07:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 仏教 住職恣意 -jyushokushii

2017年09月04日

夏休みが普通に終わり

8月盆のあと、ちょっと休みをいただき、ディズニーランドへ行ってきました。大変暑く、もうお父さんはヘトヘトで・・・、ベンチに座っている時間も多かった。出来れば乗り物には乗らず、涼しいところでボケっと座っていたいなあと。一般的に言いまして、お寺の場合、夏はやる事が多く、子供がいれば軟禁状態になりやすいのが現状です。わが家も例外ではなく、上は部活と遊びで忙しかったようですが、真ん中と下はヒマ。そういう時は自由研究でもすべきですが、私も忙しく指導する気力もなく、なんとなく休みが終わっていきました。ディズニーランドは楽しかったのですが、あれはまあ思考力のいらないものなので、実りがあったのかないのか。毎年消化不良の夏休みなのです。

9月に入って教区の集まりに参加しました。真っ黒に日焼けした住職。ありゃ国産ではないなあと思いつつ、お葬式あったらどうすんのかなあと、心の中でいらぬ心配。ご当人は堂々とされており、こちらの小心者ぶりが改めて実感されました。きっとハワイ別院にご参拝されたのであろうと、うらやましいような、何とも言い難いというか、はっきりしない気持ちで眺めていました。( ̄∇ ̄;)ハハハ

posted by 伊東昌彦 at 07:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 仏教 住職恣意 -jyushokushii

2017年08月11日

生まれでバラモンになるのではない

陸上のサニブラウン選手、凄かったようですね。まだまだ若いですし、これから大いに期待できそうです。私は東洋大学で仏教を学びましたので、桐生選手を応援していましたが、最近はちょっと調子落としているのかなあ。リレーに期待です。頑張ってほしいと思います。

ところで、当たり前ですがサニブラウン選手は日本人なので、日本代表になっています。彼の名前や風貌からでしょうか、色々と不満を持っている方もいるようですね。誹謗中傷はやめるべきですが、しかし、日本人とは何なのか、という疑問を持つことはとても大事なことです。

よく「日本人の血」がというような言葉を聞くこともあるかと思いますが、遺伝子のなかに「日本人」がインプットされていることは、おそらく、というか確実にないでしょう。なぜならば、「日本人」という概念は後天的な思考上のものであり、文化そのものだからです。

お釈迦様は説かれました、「生まれでバラモンになるのではない、行いによってバラモンになるのだ」と。バラモンとはヒンドゥー教の宗教者のことです。バラモンになるためにはバラモン階級に生まれないとダメだったようですが、お釈迦様はそうした「生まれ」よりも、その後の「行い」を重視されました。

サニブラウン選手はいわゆる「ハーフ」なので、法律的にもまったく「日本人」として問題にならないわけですし、彼は生まれも育ちも日本なので、おそらく普通に「日本人」でしょう。どこに問題があるかと言えば、それは我々第三者が勝手に思い描いている「日本人」というイメージが、意外といい加減なものだってことかと思います。

posted by 伊東昌彦 at 08:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 仏教 教え〜事事無礙 -jijimuge

2017年08月01日

経論の教えから 『般若心経』(のこす記憶.com)

のこす記憶.com 「生死をたずねるコラム」より

経論の教えから その1 『般若心経』

色は空に異ならず。空は色に異ならず。色はすなわちこれ空、空はすなわちこれ色なり。

「色」というのは物として捉えられるすべての現象のことです。そして、現象に過ぎないということは、何かが実体としては存在しない、すなわち「空」であるということです。固いと思われる物であっても、いつかは崩れ去っていく。私たちは感じ取れる物にこだわりを持ちます。そこにずっとあると思い込み、絶え間ない変化のなかに自分がいることに、なかなか気づくことが出来ないでいます。

これは心についても同じことです。心もまた変化をしています。つまり、心と体で成り立つ自分という存在もまた現象なのであり、刻一刻と変化をしているのです。健康であったとしても、老病死は避けられることではありません。私たちはいつまでも変わらないことを願いますが、叶うはずもないことを知っているはずです。しかし、叶わないことは苦しい。

こうした理に反した執着心が自分自身を苦しめているのですが、理に沿った生活というものは難しいものです。僧は本来、そのために普段の生活を捨て出家をしてきました。理を追及してきたわけです。日本では厳密な意味での出家は根づきませんでしたが、その反面、生活のなかで理を洞察していくような実践がなされました。日本仏教は生活とともにあると言えるでしょう。

変化する現象ではあっても、そこに何も存在しないというわけではありません。変化があるからこそ、現象は無限に広がっていきます。文字通り、可能性は無限大なのです。「空」とは虚無ではなく、何でも受け入れるような柔軟性を示してもいます。日々の生活のなかで息苦しさを感じるのであれば、それは自分自身に起因するものです。どこかに執着してしまい、柔軟性から遠ざかっているのでしょう。

理を学び理解しつつも、どうしても理に反してしまうこともあるのが私たちです。それはそれでまったく問題ありません。この世に完全なものなど存在しません。不具合があれば補正する。この繰り返しが宇宙の営みなのです。仏教的思考は原因究明から始まります。この苦しみの原因は何なのか。それを知ることが出来れば、補正の道が開けてくるかもしれません。ただし、他者のせいにすることは間違いです。すべては自分自身の問題として受け止める。これも仏教的思考の大事な点です。

のこす記憶.com
https://nokosukioku.com/note/


posted by 伊東昌彦 at 10:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 仏教 教え〜事事無礙 -jijimuge