2020年11月25日

練習してます、oath sign

地元銀行の支店長さんがご栄転となりまして、大きな支店に行かれました。後任の方は?と聞きましたら、副支店長さんが持ち上がりとのことでした。持ち上がりはあまりないことなので驚きましたが、なんと規模縮小だそうです。近年、銀行が苦境に陥っているとの報道はありましたが、それを目の当たりにした感がありました。コロナ以前からのことなのでしょうが、コロナが拍車をかけたのかもしれません。うちのお寺にとってはあまり関連しないことではありますが、地元銀行支店では法人融資機能がなくなるそうです。会社経営の方は不便かもしれません。

銀行と言えば私たちの世代では当然のことながら花形です。あまり優秀とは言えない獨協生ですと、同級生で都市銀に就職したのは1人しか知りません。義叔父が第一勧銀にいましたが、何だか随分と凄いもんだなあって思ったものです。今でも尊敬できる義叔父です。ちなみに義叔父は開成出身で超優秀でした。だからでしょうか、銀行が苦境である時代が来るなんて思ってもみませんでした。今、コロナ禍ということもありますが、既存の銀行のあり方を根底から変えるであろうAIの進化は目覚ましく、後年になって振り返れば本当に時代の節目にいることになるのかもしれません。

変化ということであれば、TVゲームもその1つです。TVゲームなんていうのは、私たちファミコン世代からしますと褒められたものではありません。せがんで買ってもらっても親からは規制され、親の目を盗んでゲームするとか、そんな代物であったと思います。ゲームセンターなんてもってのほか。高校時代は学校帰りによく行きましたが、基本的には行ってはいけない場所だったことでしょう。それが今、eスポーツということで、格闘技ゲームは部活にもなってしまうほど市民権を得ています。部活ですよ、部活。野球部やサッカー部とかと同じ扱いなわけです。スポーツとは言えないような気もしますが、eスポーツという枠組みなのです。

コロナ禍で業績を顕著に伸ばしたのはソニーと任天堂だそうですね。ソニーは当然ウォークマンではなく、プレイステーションのほうです。外出自粛のなか、家庭でのゲーム需要が高まったということです。ゲーム業界も今まで本当に頑張ったと思います。上記のような親からつま弾きになる存在から、家庭内で親子でゲームを楽しむという時代を築き上げました。ゲームの内容を単なる娯楽から、学習できる要素も組み入れたりしてイメージを変えました。凄いもんだなあって思います。私がゲーム好きなせいかもしれませんが、子にはあまりゲームをするなとは言ってません。

就職の花形は今やソニーや任天堂なようです。ソニーは昔から人気ですが、業種が変わったとも言えるんじゃないでしょうか。ゲームのほか、映画や音楽で収益を伸ばしているようです。栄枯盛衰、諸行無常とはいえ、それを目の当たりにしますとやや不安になってきます。単純に年を重ねたせいかもしれませんが、変化に対応できない心が現れ出ているとも言えましょう。経験を積むことは価値あることですが、経験は執着にもなります。世の変化についていけないと、不安が不満になり、心が荒んでいってしまうかもしれません。出来るだけ柔軟な心でいるためには、新しい価値観を試してみる勇気が必要だと感じます。

最近、息子がアニメ主題歌をピアノで練習しています。ついて行けんなあと思っていましたが、ナイスメロディであったので私もベースを練習してみることにしました。そうしたら意外といい曲で、なかなかです。ピアノと一緒に弾くことができれば、とても楽しく、清々しい気持ちになることでしょう。まだちゃんと弾けませんので、もう少し練習します。ちなみに、LiSAという方が歌っている「oath sign」という曲です。作詞作曲は渡辺翔さんという方です。息子も1人で弾いているだけなので、合奏することの楽しさを少しでも知ってもらいたいと思っています。

posted by 伊東昌彦 at 08:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 仏教 住職恣意 -jyushokushii

2020年11月20日

聞くことの大切さ

仏教では「聞く」という行いを重視します。教えを聞いて、自分で思考して、そして修行に励むわけです。第一段階は「聞く」ことなわけですね。しかしこれ、意外と難しいと思いません?私みたいに自分が自分がの人ですと、どうも人の話の途中で「と言うかさあ」とか、「そうじゃなくて」というように割り込みたくなってしまいます。しかも相手を否定するという、これまたどうしようもなく悪い癖があるのです。50歳も近いので、そろそろいい加減やめたいなあと思っています。

なぜ途中で相手に割り込みたくなるのかと言えば、これは簡単です。相手を負かしたいから。相手が間違っているから正したい、というかもしれませんが、根っこは相手を負かして自分が優位に立ちたいということです。よく考えれば、別に相手がどう考えていようが、あまり自分には関係のない場合もあります。家族であればある程度は同じ方向を向いていたほうが良いかもしれませんが、同じ思考でなければならない決まりはありません。それぞれ違うのが当然と言えば当然です。

ましてや友人であればなおさらで、考えが合わなければつき合いをやめればいいだけです。何も自分の思うように正す必要はありません。何か言ってきたら、ああ、そうなんだ、というように聞いていれば良いのです。聞くなかにおいて、自分にとって大切なことがあれば、それを自分に活かしていけばいい。ただそれだけのことなのですが、人にはどうしても相手より優れていたいという欲求があるようです。驕り高ぶる心はなかなか捨てることができません。50歳に向けて、自分自身の戒めにしたいと思います。

posted by 伊東昌彦 at 11:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 仏教 教え〜事事無礙 -jijimuge

2020年11月13日

法話会のご案内

年末年始にかけて法話会はお休みいたします。予定は以下のようになっております。

12月6日(日)・・・築地本願寺出講のため臨時休会
1月3日(日)・・・正月休会
2月7日(日)・・・通常開催

宜しくお願い申し上げます。合掌

posted by 伊東昌彦 at 08:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 仏教 住職恣意 -jyushokushii

2020年11月08日

にこmomプロジェクト続報

第2弾は弘済寺(廃寺善福寺)さんです。
動画はこちら↓
https://www.youtube.com/watch?v=E5RtWbuxkkI

posted by 伊東昌彦 at 14:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 仏教 住職恣意 -jyushokushii

2020年10月31日

11月1日法話会

明日、11月1日(日)の法話会につきまして、お知らせいたします。急遽、お葬儀のお勤めとなりまして、住職の帰寺が15時を回ってしまいそうです。14時からは松田師が読経導師をいたしまして、その後、松田師が短めの法話をいたします。どうか宜しくお願い申し上げます。合掌

善福寺住職 伊東昌彦
posted by 伊東昌彦 at 14:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 仏教 教え〜事事無礙 -jijimuge